オリックス銀行カードローン審査に通るために気をつけるべき3つのポイント

オリックス銀行カードローンの審査に通るためには、どのような点に気をつけたらいいのでしょうか。カードローン各社の詳しい審査基準は公表されてはいないため、具体的に何がどうなら審査に通る、通らない、ということまではわからないのですが、審査のポイントを大きくまとめますと3つほどにしぼることができます。

 

【返済能力があるかどうか】

もし自分が他人にお金を貸すという場合、返すあてのないような人に対してはお金を貸したくはありませんよね。金融機関の審査でもこれは同様です。毎月安定した収入がある方であれば利用できるというように利用条件には定めてはありますが、よくある質問コーナーをみてみますと、専業主婦(主夫)、学生、年金受給のみの方は除くというように書かれています。つまり、安定した収入と言っても、学生アルバイトの収入では不可ということですね。銀行カードローンでもなかには学生や専業主婦への貸付けOKとしているところもありますので、こうしたことなどからみますと、やはりオリックス銀行カードローンはある程度年収があって経済能力がある方でないと審査は厳しいところがありそうです。

 

【収入の安定性】

カードローンの多くが年収などよりも重視するというのがこの収入の安定性です。これは勤続年数の長さがポイントとなってきます。一つところで長く働いている方というのは、今後も長く同じところで働き続ける可能性が高いため、今後の収入も安定しているだろうと判断されます。一方で、勤続年数がまだ数ヶ月で転職したばかりの方などは、同じところで長く働くかどうかはまだわからない、また転職する可能性もあるかもしれないというように安定性という面では評価が低くなってしまうのです。最低でも、六ヶ月程度の勤続年数は必要となるでしょう。小額の借入で1ヶ月2ヶ月で返済できてしまうような額ならまだしも、これから何ヶ月、何年と返済が続くような額を借りる場合を考えますと、やはり将来的な収入の安定性は審査において重要なポイントとなるわけです。

 

【返済履歴に延滞など遅れがないこと】

カードローン会社もボランティアではありませんので、貸したお金は返してもらわなくてはなりません。そのため返済履歴に延滞があるような場合には審査に通るのはかなり難しくなってしまいます。うっかり支払日を忘れた遅延程度ですとそう大きな影響がないといいますが、それでもそれが何ヶ月も続くようですと審査に影響がでてきますから注意しましょう。

 

オリックス銀行カードローン申込の際は、利用条件をクリアしたうえでこれらのポイントに気をつけて、今すぐお金を借りれるか審査にのぞみましょう。

 

オリックス銀行カードローンの申込は誰でもできる?

オリックス銀行カードローンは年利3.0%〜17.8%という業界最低水準の低金利と最高800万円という高い利用限度額で人気の銀行カードローンですが、そのように条件のよい銀行カードローンになりますとやはりそれなりに利用できる人も限られてくるのではないか、申込は誰でもできるものなのか?と心配になりますよね。銀行カードローンのなかには、年収何百万円以上の方、や職種などで利用できる方を制限しているものもあるといいますが、オリックス銀行カードローンの場合にはどうなのでしょうか。

 

オリックス銀行カードローンの商品説明書をみてみますと、「利用いただける方」の条件は、

 

・申込時の年齢が満20歳以上65歳以下の方
・原則、毎月安定した収入のある方
・日本国内に在住の方(外国籍の方、永住者または特別永住者の方)
・オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる方

 

を全て満たす方、というように定められています。まず年齢制限ですが、65歳以下、というのは他のカードローンと比べますと若干若めな設定になってはいますね。あとは安定した収入のある方や国内在住の方というのは他のカードローンでも同様の利用条件ですし、銀行カードローンの場合には保証会社の保証が受けられることが必要になってきます。この利用条件を見る限りですと、特別厳しい利用条件というものはないようですし、利用条件さえクリアしていれば申込は誰でもできるといった印象です。

 

実はオリックス銀行カードローンは、以前は年収200万円以上の方でなければ申し込めませんでした。しかしこの利用条件が変更となり、「安定した収入のある方」に変わったのです。そのため以前は多少敷居の高いイメージの強いカードローンだったのが、現在では年収200万円未満の方でも申込が可能なカードローンとなり、年収が少ない方でも申込ができるようになったのです。

 

とはいえ、もともと審査は厳しい傾向のある銀行カードローンになりますから、審査が甘いとか通りやすいということはありませんが、以前よりぐっと利用しやすくなったことはまちがいないでしょう。特にまとまったお金を借りたいという方、低金利な銀行カードローンで借りたい!という方にオリックス銀行カードローンはおすすめです。

申込に必要なものは?

オリックス銀行カードローンを申込するにあたって、必要なものは何があるのでしょうか。まずは、カードローン申込の際にまず必要な、本人の名前・住所・生年月日が確認できる書類、「本人確認書類」の写し必要となります。オリックス銀行カードローンで本人確認書類として認められているのは、以下のいずれか1通です。

 

・運転免許証または運転経歴証明書
・各種健康保険証…通院歴の記載は、家族分を含め塗りつぶした上で提出
・日本政府発行のパスポート…顔写真入りのページと所持人記入欄(氏名・住所)のページを提出
・在留カードまたは特別永住者証明書

 

また、原則利用限度額300万円超えの場合に、本人の直近の年収を確認できる所得証明書類の写しの提出が必要となります。ただし審査の結果によっては、300万円以下の場合でも所得証明書類の提出が求められる場合がありますので注意しましょう。所得証明書類として認められているのは、以下のいずれか1通です。

 

【お勤めの方の場合】

・源泉徴収票
・住民税決定通知書または課税証明書
・納税証明書(その2)
・確定申告書(付表含む※)

 

【個人事業主や会社経営の方の場合】

・住民税決定通知書または課税証明書
・納税証明書(その2)
・確定申告書(付表含む※)

 

※税務署の受領印のあるものが対象。E-tax利用の場合には、申告書の写しと受信通知が必要になります。

 

基本的にはこれらの書類がカードローン申込の上での必要書類となるのですが、審査の結果いかんによって、これらの書類以外に、オリックス銀行が指定する書類の提出を求められる場合もあるようです。本人確認書類だけでしたら、運転免許証で済む方も多いでしょうから、その場合には普段から持ち歩いているもので事足りるかもしれませんが、所得証明書類などとなっていきますとすぐにその場で用意できる書類ではない場合がほとんどになりますから、申込の際にはその点に注意してください。

申込から借入までの7つのステップ

オリックス銀行カードローンへの申込はウェブサイトから24時間可能となっています。申込方法はこの一つになりますので、どの申し込み方法にしようか?悩まずそのまま進むことができますね。

 

【1. 申込フォームへ入力】

ウェブサイトから、申込をします。個人情報取扱に関する規定、カードローン取引規定、保証委託約款の内容を確認の上同意ボタンから申込フォームに進み、必要事項を入力していきます。申込の注意点として、「6ヶ月以内の複数回にわたる申込はご遠慮ください」など書いてありますのでよく読んでから次へ進みましょう。

 

【2. 受付メールの配信】

登録をしたEメールのアドレスに、オリックス銀行から「Eメールアドレス確認用URL」が送られてきます。そちらをクリックして受信確認を行います。審査結果などの連絡は、受信確認をしたアドレスにくるようになります。

 

【3. 審査開始】

オリックス銀行と保証会社の所定の審査がはじまります。登録したメールアドレスの受信確認をした方にはEメールで、それ以外の方には電話や書面で連絡がきます。審査結果がでるまでは、申込受付後、2〜3日程度を目処としているようですが、申し込み状況により時間がかかることもあるようです。土日祝日が間に入る場合には、5日程度かかる見込みのようですのでその点には注意しましょう。

 

【4. 本人確認】

希望の連絡先に電話がきます。本人確認と、申込内容の確認および勤務先への在籍確認が行われます。

 

【5. ローンカードの発行】

ローンカードを発行して、自宅住所に発送となります。ローンカードは、送付先を勤務先と指定した場合でも、自宅住所への送付と決まっています。届いたカードの利用開始はオリックス銀行の方で本人確認と所得証明書類を受付確認完了後となります。

 

【6. 必要書類の提出】

4の本人確認後、登録したEメールアドレスに「必要書類アップロード用URL」が送られてきますから、そちらで必要書類のアップロードを行います。最終審査と必要書類の確認が完了しましたら、ローンカードの到着後よりローンカードの利用が可能となります。

 

【7. 借入】

振込融資希望の場合には、ログインIDまはたカード番号とログインパスワードの入力によりメンバーズナビにログインして、振込融資の手続きを行います。また、提携ATMからローンカードでのキャッシングも可能です。